意外と知られていない低用量ピルの使い方

point

低用量ピルと言うと女性の経口避妊薬としか認識のない方が多くいます。
確かにピルはコンドームよりも確実に避妊ができる経口薬です。
ピルには女性ホルモンと同様の成分が含まれています。
そのため、毎日一粒服用し続けることにより、身体を脳に妊娠中と錯覚させることにより受精や着床をしづらい状態にするのです。
そんな低用量ピルは避妊以外にも生理前症候群であるPMSや重い生理諸症状の緩和することもできます。
なぜならピルに含まれる女性ホルモンにより体内のホルモンバランスを整えることができるからです。
まず、PMSや重い生理諸症状はホルモンバランスの変化による自律神経の乱れや精神的な乱れです。
そのためピルの成分により症状を緩和することができるのです。
また、それによりホルモン変化による肌荒れをふせぐこともできるので、肌荒れを改善するために服用する方もいます。
そんな低用量ピルの使い方は簡単です。
まず、生理周期に合わせて薬は1シートに1周期分が入っています。
計28日分になります。
その内7日分は偽薬となっています。
この偽薬は飲まなくてもいいのですが、飲み忘れを防ぐために入っています。
これを毎日欠かさず、一粒飲むだけでいいのです。
しかしもし飲み忘れてしまった場合は、偽薬なら問題ありませんが本薬だった場合は調整が必要になります。
1日分忘れただけなら翌日に2粒飲むだけで大丈夫です。
2日分以上忘れた場合は3日目から新しいシートの薬を飲み始めて調整する必要があります。
そして、妊娠をしたくなった場合は服用をやめるだけで妊娠可能な状態になります。
このように低用量ピルの使い方は簡単です。
しかも避妊以外にも女性に嬉しい効果もたくさんあるので、生理前症候群や重い生理諸症状で悩んでいるようなら、おすすめの経口薬と言えます。