ピルのメリットと種類の比較

ピルはもともと女性側の避妊方法の1つとして開発されたものです。
女性ホルモンを含有する錠剤を服用することで排卵が抑制されるため、望まない妊娠を防ぐことができます。
しかし、最近では本来の避妊目的の使用よりも、他の様々なメリットを期待して処方されるケースが増えてきています。
よくあるのは重い生理痛や頭痛・イライラなど生理にともなっておきる様々な症状の改善のためです。
ピルを飲んでいる間は通常のような生理は来ず、休薬期間(もしくはプラセボ投与期間)に若干の出血が起こるのですが、少量で短期間ですみますのでほとんど痛みは感じずにすみます。
また内膜の増殖を抑制する作用があるので、子宮内膜症の治療にも使われます。
またピルによって男性ホルモンの分泌量が通常より少なくなりますのでニキビの改善効果も得られます。
ピルは女性ホルモンの含有量の違いによって1相性と3相性の2タイプがあります。
それぞれの違いを比較してみます。
まず1相性は21日間すべて同量のホルモンが含有されていますので、それを毎日1錠ずつ飲むだけで大丈夫です。
飲み方は簡単ですが、全体的な服用ホルモン量は多くなりますので、体重増加や悪心などの副作用が出やすいといわれています。
一方、3相性は21日間、通常の生理周期に近い形で数種類の錠剤を服用していくため、間違えないように順番をきちんと守って服用することが必要になります。
その代り、全体的な服用ホルモン量が抑えられるので副作用発現率は低くなります。
また1クールの錠剤数が21日タイプのものと28日タイプのものがあります。
21日タイプはすべて飲み終えたあと7日間休薬します。
28日タイプはホルモン含有の錠剤を21日分、有効成分が入っていないプラセボを7日分飲むことになります。
ピルを飲んでみたいと思った方はまず医療機関を受診して、自分の体にあったタイプのものを処方してもらうようにしましょう。