これだけは押さえておきたい低用量ピルの知識

副作用に悩んでいる女性のイメージ

ピルという薬は、女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
避妊や生理に関する症状の治療や、更年期障害などにも効果があると言われるピルは、女性の強い味方といえますが、実は、メリットだけではなく副作用に悩んでいるという人も少なくありません。
そもそもピルと一口にいっても、さまざまな種類があります。
これは、ピルに含まれるホルモンの量によって、低用量、中用量、高用量とに分類されます。
このようにホルモンの量によって細かく種類が分類されているのは、副作用の影響を考えているからで、どれも効果は同じといえますが、副作用の出方は、ホルモン量が多いほど強くでるため、幅広いタイプのピルがあります。
ピルが使われ始めた当初は、中用量と高用量ピルが主流となっていましたが、副作用も強くでることから、ホルモンの含有量がギリギリのラインまで抑えられている低用量ピルが開発され、多くの産婦人科で使用されるようになりました。
近年では、避妊や軽い月経痛や子宮内膜症などの治療には、低用量が処方されることが多くなっています。
毎日服用することで、ほぼ100パーセントの避妊効果があり、また、女性特有の症状の緩和に効果があり、非常にメリットのある薬ですが、ただ、気をつけないといけないことは、副作用もあるということです。
薬である以上、良い効果を得られるメリットもあれば、副作用というデメリットもあり、療法をきちんと把握しておく必要があります。
副作用として体に表れやすいのは、頭痛や吐き気、胃のむかつき、不正出血、体重増加、倦怠感、むくみ、乳房の張り、発熱、情緒不安定などがあります。
これは、人工的に妊娠したのと同じ状態を作るため、つわりのような症状が現れることがあります。
基本的には、飲み始めて1ヶ月ほどたつと、徐々に症状は緩和されていきますが、重度の場合、血栓症や鬱などの症状が現れる場合があるので、注意が必要です。